• 資料請求
  • お問合わせ

モンテッソーリ教育とはモンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育ってなあに??

モンテッソーリ教育の名は、その創設者でイタリアで女性初の医学博士となった、マリア・モンテッソーリ(1870~1952年)にちなんでつけられました。その教育法は、マリアが1907年にローマの貧民街に最初の「子どもの家」をはじめてから、次第に世界に普及しました。
1968年に日本モンテッソーリ協会が設立され、モンテッソーリ教育法は、子どもの早期教育の重要性、自主性と精神集中および自立性と責任感への教育が強調されています。

モンテッソーリ教育ってなあに??

モンテッソーリ教育では、全てが子どものサイズに合わせたものであり、子どもの生活を中心にしています。 子ども達の自発性、自主性が尊重され、活動の選択の自由、遂行の自由が保障されているため、子どもは自分のペースで自分の興味、関心のある活動に満足するまで取り組むことができます。

また、異年齢の混合編成で生活することにより、年齢、興味、関心など、様々な子ども達が一緒に生活することによって、お互いに刺激を受け合い、学び合い、助け合うことを重視しています。
保育者は、環境を調えるとともに、子ども達を愛情をもって受け入れ、その個性を尊重し、自主性を大切にしながら、モンテッソーリ教具を通して一人ひとりの子どもの「知りたい」「できるようになりたい」という欲求にこたえ、その活動を支えるよう配慮していきます。

モンテッソーリ教育は、このように子どもの欲求にこたえるように援助することを土台としています。
現代の子ども達も、何でも大人にやってもらうのではなく、自分で水道の蛇口を開いて手を洗ってみたい、箸を使って食べてみたい、自分の名前を書きたい、絵本を読んだり、数を数えたいという内面的な欲求を持っています。
一人ひとりの「知りたい」「できるようになりたい」という欲求にこたえらてるように、子どもが使いやすいように環境を調え、やり方をゆっくり丁寧に教えれば、子どもは自分のしたいことを満足するまで行い、上手になっていきます。この満足感こそが、気持ちの安定、自信、次への意欲の原動力になっているのです。

子ども達が自ら自立を目指して自主的に生活することを助けていくことが、モンテッソーリ教育であり、「個」の確立を尊重し、子ども達一人ひとりがそれぞれ違った存在であることを認め合い、協力し合いながら生きていくことを目指す教育なのです。

感覚教育:「0歳~6歳の教育」

子どもには「感覚期」という時期があります。

何でも口に入れる、観察する、触ってみる、出してみる、開けてみる、入れてみる、たたいてみるなど、幼児期の子どもならではのこれらの行為は、子どもの内側からの生命エネルギーから行われるもので、このエネルギーがあるからこそ子どもは0~6歳にかけて飛躍的な成長を遂げるのです。

これらの行為を通して、子どもは自らの環境を探索したり、経験し、認知能力の発達ばかりでなく社会適応能力をつけ、精神的も安定していきます。



0歳~6歳の教育

「自発性」と「敏感期」:「無限の可能性を広げる敏感期」

常に子どもを観察し、そこから学ぶ姿勢を貫いたモンテッソーリは、感覚教育と同様に重要と説いたのは、子どもの中に「自発性」を重んじることです。

どの子どもにもある知的好奇心は、何よりその「自発性」が尊重されるべきで、周囲の大人はこの知的好奇心が自発的に現れるよう、子どもに「自由な環境」を提供することを重要視しました。
また、子どもを観察するうち、月齢、年齢ごとに子ども達の興味の対象が次々移り変わる点に着目し、脳生理学に基づき、様々な能力の獲得には、それぞれ最適な時期があると結論づけ、これを「敏感期」と名付けました。

モンテッソーリ教育の特徴の一面とされる一斉教育を行わない教育形態は、この子ども達の「自由の保証」と「敏感期」を育むモンテッソーリ理論の視点に立つものです。

無限の可能性を広げる敏感期

モンテッソーリの教具:「五感に働きかける教具」

モンテッソーリの教具には、感覚教具のほかにも、日常生活活動のための教具、数の教具、言語の教具などがありますが、各々が関連性、系統性をもっています。
これらの教具は、形、大きさ、手触り、重さ、材質にまでこだわり、子ども達の繊細な五感を柔らかく刺激するよう配慮がなされており、子どもが自分自身の手、身体全体を使って学べるように配慮されています。

また、教具を通し、暗記ではなく経験に基づいて質量や数量の感覚を養うことと、同時に教具を通して感じ取れる形容詞などの言語教育も組み込まれており、好奇心を刺激し、達成感を与えるために考案されています。

教具に誤りの自己訂正の要素が含まれているため、子どもは誤りに自分で気づくことができ、自己学習がしやすくなっています。

五感に働きかける教具

教具のご紹介